MENU

超音波画像診断装置(エコー)

痛みの原因を把握するために超音波画像診断装置(エコー検査)を活用して、患者さん一人ひとりの早期回復に努めています。

超音波画像診断装置(エコー)で観察できる一部傷病名 

■野球肘

■テニス肘

■五十肩

■アキレス腱断裂

■バネ指

■疲労骨折

■足関節捻挫、剥離骨折

■膝関節半月板、靭帯損傷

■肘内障

などなど

超音波画像診断装置(エコー)の特徴

■レントゲンやCTとは異なり人体に放射線被ばくを浴びることなくお子様や妊婦の方にも安心して検査を受けていただけます。

■人体に無害なので繰り返し経過を観察することができます。

■レントゲンではわかりにくい骨や筋肉、腱、靭帯といった損傷の程度が観察できます。もちろん骨折の有無も観察できます。

■筋肉や関節を動かしながらリアルタイムで観察することができ、動画や画像として保存もできます。

■検査に時間がかかりません。

超音波画像診断装置(エコー)のデメリット

全体像の把握には不向きです。

超音波画像診断装置(エコー)はあくまで施術の参考にする為に行うものです。

画像観察することにより専門医の診察や診断が必要な場合は提携医療機関へご紹介致します。