MENU
柔道整復師とは接骨院の先生の正式名称で昔から「ほねつぎ」「接骨師」として広く知られ、日本国でのみ認められている日本固有の国家資格です。 現在は厚生労働省の許可した専門の養成施設(三年間以上修学)か、文部科学省の許可した4年制大学で様々な臨床系専門科目を履修し取得できる保険を扱い開業できる医療系の職業です。

柔道整復師とは?

柔道整復師とは接骨院の先生の正式名称で昔から「ほねつぎ」「接骨師」として広く知られ、日本国でのみ認められている日本固有の国家資格です。
現在は厚生労働省の許可した専門の養成施設(三年間以上修学)か、文部科学省の許可した4年制大学で様々な臨床系専門科目を履修し取得できる保険を扱い開業できる医療系の職業です。

柔道整復術は古来からの日本の武術「柔術」のケガ人を回復させるための「活法」の技術を継承し現代医学を取り入れながら発展してきました。柔道整復術は薬物や外科的な処理に頼らずに手技療法・物理療法・運動療法などを行い、人が本来持っている自然治癒力を生かして怪我の回復をはかる体にやさしい治療法です。 この治療方法は海外でも注目されています。

柔道整復術はどんな治療法

柔道整復術は古来からの日本の武術「柔術」のケガ人を回復させるための「活法」の技術を継承し現代医学を取り入れながら発展してきました。

柔道整復術は薬物や外科的な処理に頼らずに手技療法・物理療法・運動療法などを行い、人が本来持っている自然治癒力を生かして怪我の回復をはかる体にやさしい治療法です。
この治療方法は海外でも注目されています。

接骨院と整体院の違い

柔道整復師

柔道整復師が柔道整復術を用いて骨折・脱臼・捻挫・挫傷・など、日常生活・スポーツ活動などによって発生した骨や筋肉、関節などの運動器系のケガに対して、マッサージや電気療法で治療を行います。国家資格として認められており、柔道整復師は各種保険も取り扱えます

整体師

整体師が体全体の骨格や関節の歪み・ズレの矯正と、骨格筋の調整などを手足を使った手技と補助道具を用いて医業類似行為を行ないます。
整体は柔道整復師と違い国家資格ではなく民間療法にあたります。また民間療法なので保険を使えません

当院では患者さまのことを考え、体に負担の少ない治療を行なっております!!

当院では手技療法を中心に機械を使用した治療の他、キャスト材による固定法、足底板療法、鍼灸などを行っています。
下記紹介機器は肩凝り、腰痛、スポーツ肩・肘、関節痛などの症状の方におすすめです。

ライプス治療器

低出力の超音波を筋肉や細胞に直接刺激を与えることで治癒します。 整形外科でも使用されており、骨折治療に特化した医療機器です。 当院では骨折の治療だけではなく捻挫、肉離れ、ギックリ腰、老人性変形性膝関節症、スポーツ外傷での治療でも使用しております。

低出力の超音波を筋肉や細胞に直接刺激を与えることで治癒します。
整形外科でも使用されており、骨折治療に特化した医療機器です。
当院では骨折の治療だけではなく捻挫、肉離れ、ギックリ腰、老人性変形性膝関節症、スポーツ外傷での治療でも使用しております。

泥湿布(ハルシンE)

泥湿布は熱を取りやすく急性期の治療に効果的な湿布です。 また形成湿布とは違い高い含水量と冷却力、持続力に優れています。 泥湿布自体に粘着力が無いため、包帯か粘着シートにて固定し患部に当てて使用します。

泥湿布は熱を取りやすく急性期の治療に効果的な湿布です。
また形成湿布とは違い高い含水量と冷却力、持続力に優れています。
泥湿布自体に粘着力が無いため、包帯か粘着シートにて固定し患部に当てて使用します。

円皮鍼

円皮鍼とは短い鍼をテープで張り付けるものです。 ツボに張り付けたまま、日常生活を送ることができます。 スポーツ活動など患部への負担が大きくかかる部位でも、数日間貼り続けることが可能なので、鍼の効果を持続させたい時や、より高い効果を出したい時に使用します。

円皮鍼とは短い鍼をテープで張り付けるものです。
ツボに張り付けたまま、日常生活を送ることができます。
スポーツ活動など患部への負担が大きくかかる部位でも、数日間貼り続けることが可能なので、鍼の効果を持続させたい時や、より高い効果を出したい時に使用します。

その他の施術機器紹介