MENU
鍼灸治療とは、痛みにを抑え患部の血行を促進したり、身体の中の「気」の流れを整えます。 特に血液の循環や内臓、免疫などに働きかけ、人が持っている本来の正常な状態に戻すよう、身体に働きかけます。当院の鍼は患者様一人ひとりにディスポーザブル(使い捨て)を使用しており、感染を防止しておりますのでご安心して鍼を受けることができます。

鍼灸治療とは、痛みにを抑え患部の血行を促進したり、身体の中の「気」の流れを整えます。
特に血液の循環や内臓、免疫などに働きかけ、人が持っている本来の正常な状態に戻すよう、身体に働きかけます。

当院の鍼は患者様一人ひとりにディスポーザブル(使い捨て)を使用しており、感染を防止しておりますのでご安心して鍼を受けることができます。

鍼灸治療の保険適用について

鍼灸治療で保険が適用される疾患は腰痛・頸椎捻挫後遺症・神経痛・リウマチ・頚肩腕症候群・五十肩の6つが保険に適用されます。
また、保険適用には医師の同意書と印鑑が必要です。当院では提携医院があり、すぐ保険を適用することが可能です。

鍼灸治療の国際的評価について

WHO(世界保健機関)は、以下の症状において鍼灸治療の効果があることを認定しています。

  • 神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリーなど

  • 関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折・打撲・むちうち・捻挫)など

  • 心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れなど

  • 胃腸病(胃炎・消化不良・胃下垂・胃酸過多・下痢・便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔など

  • 更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊など

  • 中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・蓄膿症・咽喉頭炎・扁桃腺炎など

  • 眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらいなど

  • 小児神経症(夜泣き・かんむし・夜驚・消化不良・偏食・食欲不振・不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善など