MENU

こんな症状でお悩みの方

むちうちで痛みがある、筋肉・関節の痛み、動きが悪いなど頚部捻挫、腰痛、頭痛、しびれ、倦怠感など捻挫、打撲(うちみ)、挫傷(肉離れ)、骨折、脱臼、骨折・脱臼の後遺症提携病院にてレントゲンやMRIなど精密検査も受けられます。
むちうちで痛みがある、筋肉・関節の痛み、動きが悪いなど
頚部捻挫、腰痛、頭痛、しびれ、倦怠感など
捻挫、打撲(うちみ)、挫傷(肉離れ)、骨折、脱臼、骨折・脱臼の後遺症

提携病院にてレントゲンやMRIなど精密検査も受けられます。

交通事故にあったら

まずは落ち着いて警察へ連絡を行ないます

その際に加害者の氏名・住所・連絡先・携帯番号・加害車両の自賠責の保険会社名・担当者・連絡先を聞いておいてください。
また体に違和感やケガがある場合、加害者・警察に医療機関へ行くことを伝えてください
交通事故は後から症状が出る場合もあるので、軽い症状でも必ず医療機関を受診してください。

保険会社に当院にて治療する旨を連絡します

交通事故の場合は自賠責保険の取り扱いになります。その場合、患者さん負担金はありません。
保険会社との連絡や事務的な手続きはこちらでお話させていただきます。

交通事故の治療には医師の診断が必要です

病院に行き、体の違和感やケガなど全てを診てもらい、診断書をもらってください。診断書を警察に届けると、人身事故扱いとなり自賠責保険が適用可能になります。 また診断書がなければ治療できないことがあります。必ず診断書をもらってください。診断書のコピーもしておいてください。

病院に行き、体の違和感やケガなど全てを診てもらい、診断書をもらってください。診断書を警察に届けると、人身事故扱いとなり自賠責保険が適用可能になります。
また診断書がなければ治療できないことがあります。必ず診断書をもらってください。診断書のコピーもしておいてください。

ご来院いただき、問診を行います

現在の怪我の症状など詳しくお聞きします。
むちうち症を始め、骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷など交通事故後の治療をいたします。

治療の開始とアフターケア

患者様の症状に合わせて手技、物理療法を中心とした治療いたします。
また日常生活動作の指導、注意事項も行います。

労災保険治療について

当院は労災保険の取り扱い機関に認定されています!!仕事中のケガや通勤途中のケガは、労働災害保険、通勤災害保険の対象として治療を受けることができます。 軽度、重度のケガに関係はなく、業務中または通勤中の移動時に負ったケガは、一部の例外を除いて労働災害となります。 まずは勤務先で労災保険に加入しているか確認してください。専用の用紙をご用意しますので、会社の担当の方にその旨を伝えご来院ください。 ※労災認定は労基署が判断いたしますので、必ずお勤め先にご確認ください。

当院は労災保険の取り扱い機関に認定されています!!

仕事中のケガや通勤途中のケガは、労働災害保険、通勤災害保険の対象として治療を受けることができます。
軽度、重度のケガに関係はなく、業務中または通勤中の移動時に負ったケガは、一部の例外を除いて労働災害となります。
まずは勤務先で労災保険に加入しているか確認してください。

専用の用紙をご用意しますので、会社の担当の方にその旨を伝えご来院ください。
※労災認定は労基署が判断いたしますので、必ずお勤め先にご確認ください。